露出設定に纏わる操作の難易度はさほど高いものではない。

写真スタジオの作業現場では様々なクライアントからの要望によって、多彩なワークフローが展開されている。その中に於いて、自然光を前提とする撮影ではThrough The Lensでの露出決定が重要な課題となる。アマチュアの方々の場合に於いてもカメラ操作に関わるノウハウの最大の難関はこれに纏わる事項ではないだろうか。半段のコントロールミスでもその設定は失敗と言え、この微妙な調整を要求される作業はホビーユーザーにとっては至難の業とされる。カメラメーカーからの出版カタログ等にはオート機能によるメリットが強調され、購入意欲を燃やす為の絶妙な表現でのテキスト掲載が成されているが、実際の写真の撮影結果は期待するほどのものは得られない。スリリングなライティングシチュエーションほどそのアルゴリズムはミスをしでかす。光の情報は限りなくランダムで事前の想定が局面通りになる事はむしろ稀であり、いかに素晴らしい調整能力を持ってしても全てを管理することなど、到底無理なことなのである。メーカーサイドでは日夜研究を重ねているが、パーフェクトには程遠く、結局消費者は期待外れの気持ちで、我慢しながらこの自動露出モードを使っているのが現状と言える。このサイトでは定常光写真撮影を前提とする現場での作業に於いて、長年積み重ねた経験を基にその判断をカメラ任せにせず、任意の判断で行う受光に関する調整ノウハウを具体的に述べてみた。これらは光量の測定とその反映についての概念を知るだけのものであり、さほど難易度の高いものではない。以上、サイト名称 : フォトスタジオの写真塾 | 露出設定の記載概略を述べたが、内容は更新と共に新しい概念に触れ、具体的な機能説明と兼ね合わせて順を追って核心に触れていく予定である。

更新情報

15.01.01 空の色 14.12.08 色覚の個人差 13.11.20 適正露出などは存在しない 13.09.30 フォーカスポイントを測光するカメラ 13.08.16 女性の肌の露出 13.07.06 色の露出測光 13.05.26 被写体の明暗を重視した測光法 13.04.16 週1~2回の感動の時間 13.03.06 露出補正の基本 13.01.21 通常の露出補正 12.12.05 露出補正とは本来の色に戻す事 12.10.19 被写体の白黒を正確に描写 12.08.31 露出計の能力 12.07.20 露出補正 12.06.10 露出の概念 12.04.30 一眼レフ 12.03.22 AEロック 12.02.12 多分割測光機能 4 11.12.31 多分割測光機能 3 11.11.15 多分割測光機能 2 11.10.06 露出の懸念 11.08.28 多分割測光の機能 1 11.07.23 好きな風景写真  11.05.11 中央部重点測光_2 11.04.05 _1 11.02.28 TTL露出計 4  11.01.24  3 10.12.15   2  10.11.11  1 10.10.09 一眼レフとTTL 10.09.04 カメラの自動化について    
09.06.01 「 フォトスタジオの写真塾 | 露出設定 」 サイト のアップロード

TOPIX PHOTO

サイトの更新と共に追加されたページ内容に即した優秀な作品を紹介します。

相互リンク 募集中

ご希望の方はこちら → web@tyousei.com

サイト名 : フォトスタジオの写真塾 | 露出設定

URL : http://www.tyousei.com/

紹介文 : 撮影時に必要な受光に関する知識について詳細に解説したHPサイトです。

衣食住に関わるあらゆる商品の画像、及びタレントを起用した広告分野での活動。更に一般の方々を対象とするポートレートピクチャーの提供等、様々な分野での撮影に対応するクリエイティブなビジュアルスペース ・・・ トータルプロデュース・フォトスタジオ BIT

気まぐれブログ ・・・ サイト管理者を取り巻くスタッフの日ごろの生活感をページに綴りました。